日本思想史学会奨励賞

受賞者一覧

       
  氏名 業績(『』は単行書) 掲載誌
(発行元、刊行年月)
第1回
(2007年10月)
河野 有理 田口卯吉の夢
――「郡県」の商業と「自愛」の秩序
『国家学会雑誌』第119巻3・4号
(国家学会、2006年4月)
兵頭 晶子 大正期の「精神」概念
――大本教と『変態心理』の相剋を通して――
『宗教研究』344号
(日本宗教学会、2005年6月)
第2回
(2008年10月)
該当する受賞作なし
第3回
(2009年10月)
昆野 伸幸 『近代日本の国体論:<皇国史観>再考』 ぺりかん社、2008年1月
第4回
(2010年10月)
小平 美香 『女性神職の近代
―神祇儀礼・行政における祭祀者の研究―』
ぺりかん社、2009年3月
桐原 健真 『吉田松陰の思想と行動
――幕末日本における自他認識の転回』
東北大学出版会、2009年6月
第5回
(2011年10月)
許 時嘉 「文体と国体の狭間で
―日清戦争後の漢詩文意識の一端―」
『日本思想史学』第42号
(日本思想史学会、2010年9月)
第6回
(2012年10月)
舩田 淳一 『神仏と儀礼の中世』 法藏館、2011年2月
第7回
(2013年10月)
鈴木 英之 『中世学僧と神道
―了誉聖冏の学問と思想―』
勉誠出版、2012年8月
田 世民 『近世日本における儒礼受容の研究』 ぺりかん社、2012年3月
第8回
(2014年10月)
伊藤 由希子 『仏と天皇と「日本国」
――『日本霊異記』を読む
ぺりかん社、2013年12月
森 新之介 『摂関院政期思想史研究』 思文閣出版、2013年1月
第9回
(2015年10月)
黒川 伊織 「一九二〇年代日本思想史と第一次国共合作」 『日本思想史学』第46号
(日本思想史学会、2014年9月)
濱野 靖一郎 『頼山陽の思想――日本における政治学の誕生』 東京大学出版会、2014年2月
第10回
(2016年10月)
鈴木啓孝 『原敬と陸羯南
――明治青年の思想形成と日本ナショナリズム』
東北大学出版会、2015年3月
第11回
(2017年10月)
長尾宗典 『<憧憬>の明治精神史――高山樗牛・姉崎嘲風の時代』 ぺりかん社、2016年10月
永岡崇 『新宗教と総力戦――教祖以後を生きる』 名古屋大学出版会、2015年9月
第12回
(2018年10月)
殷暁星 「近世日本地方庶民教化における清聖諭の活用 : 『聖諭広訓』から『久世条教』『五條施教』へ」 『日本思想史学』第49号
(日本思想史学会、2017年9月)
ニールス・ファンステーンパール 『〈孝子〉という表象:近世日本道徳文化史の試み』 ぺりかん社、2017年6月
第13回
(2019年10月)
該当する受賞作なし
第14回
(2020年10月)
齋藤公太 『「神国」の正統論―『神皇正統記』受容の近世・近代』 ぺりかん社、2019年
繁田真爾 『「悪」と統治の日本近代―道徳・宗教・監獄教誨』 法蔵館、2019年
板東洋介 『徂徠学派から国学へ―表現する人間』 ぺりかん社、2019年
第15回
(2021年11月)
渡勇輝 「近代神道史のなかの「神道私見論争」―― 国民的「神道」論の出現」 『日本思想史学』第52号
(日本思想史学会、2020年9月)
石原和 『「ぞめき」の時空間と如来教 ―― 近世後期の救済論的転回』 法蔵館、2020年
西田彰一 『躍動する「国体」―― 筧克彦の思想と活動』 ミネルヴァ書房、2020年
松川雅信 『儒教儀礼と近世日本社会 ―― 闇斎学派の『家礼』実践』 勉誠出版、2020年

第16回日本思想史学会奨励賞募集要領(2021年12月1日、日本思想史学会)

  1. 2020年1月1日から2021年12月31日までの間に,日本思想史学会の会員によって公刊された著書・論文類(応募は1点に限ります。掲載誌の都合で分載されたものは1点として数えます)を対象とします。審査の対象とする業績は単著に限ります。
  2. 上記の日本思想史学会の会員は、応募する業績が公刊された時点で、学部卒後の専門的な研究歴が20年未満の者に限ります。
  3. 選考対象となるのは,日本思想史に関係する主題を扱った業績で,日本語もしくは英語で発表されたものに限ります。
  4. この賞に,書籍部門と論文部門の2部門を設けます。
  5. この賞に応募しようとする会員は,所定の応募用紙に必要事項を記入し,応募する業績6部(コピーも可),会員1名の推薦状とともに,2022年2月末日までに,日本思想史学会事務局に郵送して下さい(当日消印有効。宅配便の場合もこれに準ずる)
  6. 上記の推薦状はA4判用紙1枚以内とします。
  7. 応募業績は返却しません。
  8. 『日本思想史学』第53号に掲載された投稿論文のうち、著者の専門的な研究歴が上記2の規程を満たす者の論文は、自動的に本賞の選考対象となります。
  9. 選考には会長の主宰下で総務委員会があたります。
  10. 2022年度大会の総会において受賞業績を発表し、受賞者に対して会長より賞状を授与します。

第16回日本思想史学会奨励賞応募用紙

日本思想史学会奨励賞選考規程(2010年10月17日 評議員会決定、2020年11月7日最終改訂)

  1. [目的]
    日本思想史学の一層の発展に資することを目的として、この賞を設ける。
  2. [公募と選考対象とする業績]
    当該年度に公募するこの賞の選考対象は,別に定める2年の間に,日本思想史学会の会員によって公刊された著書・論文類で,日本思想史に関係する主題を扱った業績とする。
  3. [応募会員の限定]
    前条の会員は、選考対象となる業績を公刊した時点で、学部卒後の専門的な研究歴が20年未満である者とする。また当該業績の公刊時点で、日本思想史学会の会員であることを要する。
  4. [応募手続き]
    この賞に応募しようとする会員は、所定の応募用紙に必要事項を記載し、応募する業績6部(コピーも可)、会員1名の推薦状とともに、所定の期日までに学会事務局に提出するものとする。
  5. [応募手続きの例外]
    前条の規定にかかわらず、所定の期間に日本思想史学会の機関誌である『日本思想史学』に掲載された投稿論文に関しては、自動的に選考の対象となるものとする。
  6. [選考と報告]
    会長が主宰し、総務委員をメンバーとする奨励賞選考委員会が選考にあたり、受賞業績を評議員会に報告する。
  7. [受賞業績の公表と賞の授与]
    学会の総会で受賞業績を発表し,受賞者に対し,会長より賞状を授与する。
  8. [この規程の発効]
    この規程は2010年10月17日から発効するものとする。
(2010年10月17日 評議員会決定)
(2017年6月3日改訂)
(2020年11月7日改訂)

日本思想史学会ホームページトップへ